施工事例

カテゴリ|すべて

ATELIER N 様

下沢渡の家

外観

外観

画像のみを表示全 8 枚中 1 枚目を表示Next ≫
外観

外観

画像のみを表示全 8 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
玄関(奥はそば打ち場)

玄関(奥はそば打ち場)

画像のみを表示全 8 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
キッチンからリビング・ダイニングを望む

キッチンからリビング・ダイニングを望む

画像のみを表示全 8 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
畳スペースからリビング・ダイニング・デッキを望む

畳スペースからリビング・ダイニング・デッキを望む

画像のみを表示全 8 枚中 5 枚目を表示≪ PrevNext ≫
リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

画像のみを表示全 8 枚中 6 枚目を表示≪ PrevNext ≫
リビング

リビング

画像のみを表示全 8 枚中 7 枚目を表示≪ PrevNext ≫
外観

外観

画像のみを表示全 8 枚中 8 枚目を表示≪ Prev     

作品名 下沢渡の家

使用したシラス建材

薩摩中霧島壁(ソフトヘアライン仕上げ)
スーパー白州そとん壁W(一条波仕上げ)

 

使用した自然素材

床:ナラ縁甲板
天井、軒板:杉縁甲板
・・・無垢板による調湿機能。熱伝導性が低いため、触れてもひんやりせず、肌触りが優しい。

 

自然素材に対する思い等

内装は、服にたとえると直接肌に触る下着と同じものだと思います。高気密化の進んだ現代の住宅において、使う材料の選択は、健康や環境に大きく関わる問題だと思います。
自然素材は、ひびが入ったり、拭き掃除がしづらいなどのデメリットもありますが、使い方の工夫で健康的な空間がつくれると思います。

 

設計主旨

『趣味のそば打ちや農業を楽しみながらのんびりと暮らしたい。』定年退職を迎えたご主人と奥様が長年暮らし続けてきた四万・沢渡温泉に程近い緑豊かな場所に、これからを楽しむシンプルで機能的な“終の棲家”を計画。
軒深い切妻屋根が架けられたシンプルな建物にいくつかの“凹み”をつくり、床はもちろん屋根勾配通りにつくられた天井に外と内との連続性とつながりを持たせることで、外観のシンプルさと裏腹に内部空間に変化を持たせ、広がりと寛ぎを与えた。
玄関脇土間のそば打ち場、キッチンやパントリーとの作業動線も考慮し、水廻りなども使い勝手・生活動線を考慮し適切に配置することで、家事や基本的な生活が負担無く行えるように計画した。また、手すりが必要となったときにすぐに対応でき得るように、手
すり用の下地など綿密に計画した。今回外壁にもシラス建材を使用することで、自然豊かな里山の風景にも馴染む、利便性・機能性、環境や健康にも配慮した居心地の良い“終の棲家”となった。

 

写真説明

・shimosawatari-01 : 外観
・shimosawatari-02 : 外観
・shimosawatari-03 : 玄関(奥はそば打ち場)
・shimosawatari-04 : キッチンからリビング・ダイニングを望む
・shimosawatari-05 : 畳スペースからリビング・ダイニング・デッキを望む
・shimosawatari-06 : リビング・ダイニング
・shimosawatari-07 : リビング
・shimosawatari-08 : 外観

 

ATELIER N 様 
〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町中之条町954
TEL:0279-75-7820  FAX:0279-75-6431
URL:https://ateliern.jp/

カテゴリ - すべて にある

その他の施工事例

ページトップへ