施工事例

カテゴリ|すべて

ATELIER N 様

敷島の家

玄関

玄関

画像のみを表示全 5 枚中 1 枚目を表示Next ≫
ダイニング

ダイニング

画像のみを表示全 5 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
キッチン(奥はダイニング)

キッチン(奥はダイニング)

画像のみを表示全 5 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
ダイニング・キッチン

ダイニング・キッチン

画像のみを表示全 5 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
リビング

リビング

画像のみを表示全 5 枚中 5 枚目を表示≪ Prev     

作品名 敷島の家

使用したシラス建材

ビオセラ(ソフトヘアライン仕上げ)

 

使用した自然素材

床:ナラ縁甲板
天井、軒板:杉縁甲板
・・・無垢板による調湿機能。熱伝導性が低いため、触れてもひんやりせず、肌触りが優しい。

 

自然素材に対する思い等

内装は、服にたとえると直接肌に触る下着と同じものだと思います。高気密化の進んだ現代の住宅において、使う材料の選択は、健康や環境に大きく関わる問題だと思います。
自然素材は、ひびが入ったり、拭き掃除がしづらいなどのデメリットもありますが、使い方の工夫で健康的な空間がつくれると思います。

 

設計主旨

県立の都市公園に程近い風致地区内に建つ住宅。敷地のやや中心に内と外の境の曖昧な『スキマ』を意識的につくることで、廻りを家に囲まれた場所にプライバシーを確保しながら、光・風・緑を取り込める住まいを提案。
風致地区内の決まり事である植栽を『スキマ』に集中配置することで、廻りからの視線は断ちながら、建物内からは雑木林に建っているような雰囲気を醸し出している。立体的にも屋根と屋根との『スキマ』をつくり、そこから光・風を家全体に配る工夫を凝らした。さらに、無垢板やシラス壁などの素材感を大切に光と影を意識した空間計画により、そこに住まう家族を優しく包み込むような住空間が生まれた。

 

写真説明

・shikishima-01 : 玄関
・shikishima-02 : ダイニング
・shikishima-03 : キッチン(奥はダイニング)
・shikishima-04 : ダイニング・キッチン
・shikishima-05 : リビング

 

ATELIER N 様 
〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町中之条町954
TEL:0279-75-7820  FAX:0279-75-6431
URL:https://ateliern.jp/

カテゴリ - すべて にある

その他の施工事例

ページトップへ