施工事例

カテゴリ|すべて

ATELIER N 様

西横手町の家

外観(道路から)

外観(道路から)

画像のみを表示全 5 枚中 1 枚目を表示Next ≫
外観

外観

画像のみを表示全 5 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
外観(土間前)

外観(土間前)

画像のみを表示全 5 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
外観(土間前)

外観(土間前)

画像のみを表示全 5 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
外観(玄関前)

外観(玄関前)

画像のみを表示全 5 枚中 5 枚目を表示≪ Prev     

シラス壁 施工事例コンテスト

作品名 西横手町の家

使用したシラス建材

スーパー白州そとん壁W(一条波仕上げ)

 

使用した自然素材

床:ナラ縁甲板
天井、軒板:杉縁甲板
・・・無垢板による調湿機能。熱伝導性が低いため、触れてもひんやりせず、肌触りが優しい。

 

自然素材に対する思い等

内装は、服にたとえると直接肌に触る下着と同じものだと思います。高気密化の進んだ現代の住宅において、使う材料の選択は、健康や環境に大きく関わる問題だと思います。
自然素材は、ひびが入ったり、拭き掃除がしづらいなどのデメリットもありますが、使い方の工夫で健康的な空間がつくれると思います。

 

設計主旨

『田舎のおばあちゃん家のような安心感のある家に住みたい』という要望を元に、LDを中心とし切妻屋根がおおらかに家族の空間を包み込み、土間、寝室、水廻り、和室、を一体的に繋ぐ平屋の家を提案した。各々の部屋から扉1つで行き来でき、大きな屋根が複数の部屋を1つに繋げ、各部屋の天井が繋がり視線が通ることで個室でありながら広がりのある空間を演出している。土間は玄関であり且つリビングダイニングの延長として使用することができ、土間と庭は建具を開くことで一体的につながり、外部と内部の中間領域として様々な使い方を許容する。建具で仕切ることで多様な日常生活の変化に対応する空間として活用でき、子供が自転車でリビングに乗りつけるそんな楽しい空間ができた。
また今回外壁に自然素材であるシラス建材を採用することで、落ち着きある安心感に包まれる住宅を計画した。

 

写真説明

・nishiyokote-01 : 外観(道路から)
・nishiyokote-02 : 外観
・nishiyokote-03 : 外観(土間前)
・nishiyokote-04 : 外観(土間前)
・nishiyokote-05 : 外観(玄関前)

 

ATELIER N 様 
〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町中之条町954
TEL:0279-75-7820  FAX:0279-75-6431
URL:https://ateliern.jp/

カテゴリ - すべて にある

その他の施工事例

ページトップへ