施工事例

カテゴリ|すべて

まつゆうの『ちょうどいい家』

松雄建設様(京都)

まつゆうの『ちょうどいい家』

スーパー白洲そとん壁W

W-121掻き落とし仕上げ

画像のみを表示全 5 枚中 1 枚目を表示Next ≫
まつゆうの『ちょうどいい家』

W-121掻き落とし仕上げ

画像のみを表示全 5 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
まつゆうの『ちょうどいい家』

W-121掻き落とし仕上げ

画像のみを表示全 5 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
まつゆうの『ちょうどいい家』

W-121掻き落とし仕上げ

画像のみを表示全 5 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
まつゆうの『ちょうどいい家』

W-121掻き落とし仕上げ

画像のみを表示全 5 枚中 5 枚目を表示≪ Prev     

地元向日市で50年、京都府乙訓地域・京都市西圏で地域密着工務店として営んできた松雄建設株式会社様に、スーパー白洲そとん壁Wをご採用いただきました。

松雄建設様は、家づくりに誠実に、お客様とのご縁を大切にし、住んでからこそ、この家に住んで良かったと感じることができる家づくりを続けています。
代表取締役の松田貴雄氏に家づくりにおけるこだわりについてお伺いしました。
「弊社が建てる家は、ローコスト住宅でも、デザイン住宅でもなく、身体にやさしい素材で強くて暖かい、そのご家族だけの唯一無二のお家です。
ご家族の家づくりへの想いや憧れやこだわりを、コストパフォーマンスを考えながら一緒にかたちにしていくことを心がけています。」
ご採用いただいたスーパー白洲そとん壁Wの気に入っている点を松田氏にお聞きしたところ、
「柔らかいイメージに見えるところと木目との相性が良いところです。それに、家の中の温度の変化などの環境が緩やかになって、音も静かなように感じます。」とお答えいただきました。
 

スーパー白洲そとん壁Wの主成分である火山噴出物「シラス」は、珪藻土の表面積の約2倍を有する多孔質な粒子であるため、多くの空気を含んでいます。つまり、外壁そのものが空気層となるため、熱伝導率はモルタルの約6分の1しかありません。松田氏が『室内が穏やかで快適です』と感じた原因は、シラスの粒子の特異性に起因しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

 松雄建設株式会社
〒617-0002 京都府向日市寺戸町大牧14-70
TEL:075-933-3200
カテゴリ - すべて にある

その他の施工事例

ページトップへ