施工方法

白洲漆喰

石膏ボード下地の場合

1.下地処理

下地処理

 

石こうボードのジョイント部分に専用のLNパテでメッシュをふせこみます。

 

下地処理

 

全面にLNパテを1ミリ厚に塗布し平滑にならします。

白洲漆喰の本材は施工前日に攪拌してください。攪拌後は硬化を防ぐため、材料の上に水を張るなど空気に触れないよう養生をしてください。

※白洲漆喰は空気中の二酸化炭素を吸って固まる「気硬性」のため、空気に触れると固まってしまいます。

2.塗りつけ

塗りつけ

 

本材の塗りつけは下塗りのパテが完全に硬化してから行ってください。
施工前に白洲漆喰本材をあらためて2分間ほど攪拌し、コテで2ミリ厚に塗りつけ平らにならします。

 

塗りつけ

 

少し時間を置き、水引き具合を見ながら軟らかめのコテで押さえます。

3.仕上げ

仕上げ

 

さらに、1時間ほど経過してから、再度コテで押さえて平滑に仕上げます。

※施工の際は、必ず施工要領書をよくお読みになり、当社施工指導担当者による電話指導(または訪問指導※有償)をお受けください。

 

 

ダウンロード版資料請求   郵送版資料請求

 

内装仕上げ材|白洲漆喰

ページトップへ