Shirasu Color シリーズ

ShirasuColor RS   ShirasuColor SE

 

日ごろから建物の外壁を目視にて点検を行いましょう。
こんな症状がでたらメンテナンスのサインです。

 

外壁の色あせ

紫外線などによる経年劣化によって、サイディングの色が脱色してしまいます。この段階では急いで対処する必要はありませんが、このまま放っておくと見た目もよくありません。

コーキングのひび割れ

つなぎ目にあたる「目地シーリング」のひび割れは、経年劣化や紫外線による劣化です。このひび割れを放っておくと水分が内部に浸透してしまい、壁の内側まで腐食してしまいます。

チョーキング

外壁に触れてみた時にチョークのような粉が手につく現象をチョーキングといいます。これは塗料の樹脂成分が劣化し、含まれた顔料が粉っぽく浮き出てしまい塗膜の機能が落ちてきた状態です。

ボードのひび割れ

経年劣化と共に小さなひび割れが出ることがあります。放っておくとこの隙間から水が浸入して壁内部の腐食に繋がります。

反りや膨らみ

反りや膨らみは雨水や住宅内部からの湿気により水分がサイディングに浸透して含水し、そして乾燥を繰り返すことで発生することが多く、建物内部の腐食も考えられ、早急なメンテナンスが必要です。

 

■メンテナンスの計画(目安)

メンテナンスの計画(目安)

 

資料のご請求はこちらから

水性無機高分子系ハイブリッド型塗料|Shirasu Color シリーズ

ページトップへ