最新のお知らせ

山梨市で商品説明会&エコハウスやまなし見学会を開催いたしました!


先月、山梨県山梨市で開催いたしましたシラス壁商品説明会・施工実演会・エコハウスやまなし見学会の模様をご紹介いたします。



50名近くの方々にご参加いただき、大変熱気のある商品説明会になりました!




会場に隣接するエコハウスやまなしを設計されたメイ建築工房の星野先生にシラス壁についてお話いただきました。
エコハウスにおけるシラス壁の役割、エコハウス設計コンセプトを見学前に来場者の方々へお話し頂き、メーカーからのシラス壁の説明とは別に、シラス壁を使っているユーザーの生の声をお届けすることが出来ました。

エコハウスやまなしにおけるシラス壁の役割について、星野先生は「エコハウスでは何をもってエコとするかが重要です。エコへのアプローチは多々ありますが、そのなかのひとつが素材。本来のエコとは、自然素材の機能を活かしたものでなければならず、自然を享受できる素材としてシラス壁を選びました。
以前は珪藻土を使っていましたが、色々なものが入っていたり、メーカーが詳しい含有量を教えてくれないなどありました。数多くの素材と出会う中で、100%自然素材であるシラス壁がいいという判断で採用しました。」とおっしゃっていました。

エコハウスやまなしにおける設計コンセプトについては「山梨市の気候、地域性を充分に活かした建物にしました。盆地のため、夏場日中の温度は上がり、夜間は下がります。下がった気温を、暑いときに活用する考え方を取り入れています。地域性を上手く利用して、冷暖房エネルギーを少なくする取り組みを試みました。」とのこと。この試みにシラス壁が貢献しているんですね。



こちらが「エコハウスやまなし」です。
エコハウスやまなしは全国に20ある環境省エコハウスモデル事業で建てられたモデルハウスの一つで、外装に「スーパー白洲そとん壁W」、内装に「中霧島壁ライト」をご採用いただいています。
環境省エコハウスモデル事業とは、「環境基本性能の確保」「自然・再生可能エネルギー活用」「エコライフスタイルと住まい方」の3つのテーマを基本的な考えとした上で、地域の特性を十分に活かした家づくりを目指しています。





実際にシラス壁が施工されている住宅を見学できる貴重な機会ということで、みなさま高い関心を持って見学されていました。
メイ建築工房の星野先生には、エコハウス内で見学者の方からのご質問にもお答えいただきました。




外では実際に施工から4年経過している壁をご覧いただきながらスーパー白洲そとん壁Wの特徴をご説明し、シラス壁が持つ高耐久性、長寿命をご体感頂きました。




エコハウス見学会後、会場に戻って施工実演をご覧いただきました。
お客様から「エコハウスで実物を見た後なので、施工実演で仕上がり具合をイメージしやすかった」というお言葉をいただきました。

今回は、実際にシラス壁が施工されている物件を商品説明会と同時にご案内できる大変貴重なイベントとなりました。
ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました!