採用事例紹介

採用事例紹介

【HUS DESIGN】阿倍野のいえ(大阪市)

スーパー白洲そとん壁W

HUS DESIGN株式会社様は、大阪を拠点に住宅や施設の設計及び施工を手がけている設計事務所です。設計事務所としては珍しく、自社で設計した建築は自社で施工されています。代表取締役山田紘明氏は、一風かわった経歴をお持ちの一級建築士。小さな頃からものをつくることが好きで大学では建築を専攻し、大学卒業後は体で建築を感じたいと、龍安寺で植木の職人、伏見で神具の職人といった伝統的な仕事をされたこともあります。そんな山田氏が設計から施工まで監理された住宅「阿倍野のいえ」にスーパー白洲そとん壁Wが採用されました。


外壁:スーパー白洲そとん壁W(W-133・スチロゴテ仕上げ)


外壁:スーパー白洲そとん壁W(W-133・スチロゴテ仕上げ)

施主のN様は、ご実家を建替えて二世帯が暮らす計画で山田氏にご相談されました。そして、出来上がったのが、それぞれの好みに合わせた2つの家を計画し、バランスを見ながらひとつの家にくっつけた「阿倍野のいえ」。

山田氏に設計のポイントを伺いました。
「大阪市内の住宅街で、北東側のみ採光は望めるが人通りが多いため、外部との関係に配慮する必要がありました。
採光とプライバシーの両方を確保のするために、東側に9つの窓と吹抜けを配し、2階居間の天井を引き上げています。東面からの光は1階の居間へ、四周からの光は2階の居間へと注ぎ込まれるようにしています。バルコニーには大小の丸穴をあけたアルミパネルをデザインして設置。視線を遮りながら風を通します。」
敷地の特性を考え、住む人のことを考えた結果が、おしゃれで特徴的な外観につながったようです。


採光とプライバシーの両方を確保のするために設けた9つの窓と吹抜け


視線を遮りながら風を通す、大小の丸穴をあけたデザインのアルミパネル


大小の丸穴をあけたのアルミパネルからの陽が優しい

外観ばかりではありません。
奥様のご要望でキッチンから洗面所、収納、家事室、バルコニーへとつながる動線や、家族の関係性や特性を見極めながら空間構成がまとめられています。機能的にも快適に暮らしてもらえるようにと考えて、外壁にシラス壁、断熱材にセルロースファイバー、内部仕上げに珪藻土クロスが採用されています。



さらには、「建築家がデザインする建築に寄り添う家具」をコンセプトにHUS DESIGN様オリジナルの家具の制作、販売も始められました。N様邸には、そんな家具のうち、ポップなカラーがかわいい「cat walk shelf」と「ONE BOARD Sofa」が収められています。
「cat walk shelf」は、壁に複数取り付けてキャットウォークにしたいとのご要望から生まれた家具。組み合わせを楽しめるように多色展開されています。
「ONE BOARD Sofa」は、一枚の板をカットし組み立ててフレームをつくり、クッションをのせるシンプルなソファです。



HUS DESIGN株式会社(フースデザイン)
所在地 〒531-0072 大阪市北区豊崎2丁目10-17 サン・オークスビル203
TEL  06-7175-8241
URL https://husdesign.co.jp

企業について

  • 会社概要
  • 高千穂グループ
  • グローバルサイト
  • Art&Earth
  • 採用情報
  • シラス壁に関するご質問